雑記

多機能変換ソフト「Leawo Prof.Media 11」の使い方と購入方法紹介!

更新日:

はいどうも俺僕です!今回は雑記になります!

今回は、「多機能変換ソフト」を紹介していきたいと思います!

そのソフトの名前は…「Leawo Prof.Media 11」というソフトです!

今回は主に、「多機能変換ソフト「Leawo Prof.Media 11」の使い方と購入方法は?
無料のダウンロード方法と評判も!
」について調べましたので、ご覧ください!

多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11」の概要

まず初めに、多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11の概要について書いていきたいと思います。

Leawo Prof.Media 11は「Leawo Software Co., Ltd.」という
中国の深圳に本社を構えるソフトウェアメーカーが開発しているソフトです。

設立は2007年の9月となっているので、新興企業(ベンチャー企業)という感じではないですね。

海外進出にも積極的で、日本にも商品を展開しています。

調べる限り日本法人はヒットしなかったので、多分無いです。

その為かサイトの日本語表記が若干ガバい所がチラホラありますが、
まぁ許容範囲内だと思います。

会社の公式ホームページはこちら

そんなLeawo Software社が提供する多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11について、
次の章から解説していきます。

多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11」の機能と使い方は?

それでは早速、多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11の機能と使い方を解説します。

 

まず多機能変換ソフト「Leawo Prof.Media 11」の機能についてです。

勘の良い方なら既に察しているかもしれませんが、Leawo Prof.Media 11の「11」はなんと…
11個の機能を有しているということを意味しています!

 

 

 

11-in-1」って11個の機能が1つにまとめられているって解釈で合ってるよね?笑

 

ただ何を持って1機能とするかは解釈が分かれるので、厳密には11個とは言えないかもしれません。

とりあえず大まかな機能を紹介すると、

・Blu-ray変換機能
・DVD変換機能
・Blu-ray作成機能
・DVD作成機能
・Blu-rayコピー機能
・DVDコピー機能
・HD動画変換機能
・スライドショー作成機能
・動画編集機能
・YouTubeダウンロード機能
・ウォーターマーク除去機能

のおよそ11個になります。

まぁBlu-rayとDVDで項目分けするのもアレな感じがしますよね(笑)

それぞれの機能について、軽く説明をすると、

「Blu-ray変換機能」は、Blu-rayに変換する機能です。
「DVD変換機能」は、DVDに変換する機能です。
→Blu-ray/DVDディスク、フォルダとISOファイルを MP4, AVI, MOV, TSのような動画形式、
およびFLAC, AAC, AC3, AIFFのような音声形式にリッピング・変換することができます。
「Blu-ray作成機能」は、Blu-rayを作成する機能です。
「DVD作成機能」は、DVDを作成する機能です。
「Blu-rayコピー機能」は、Blu-rayをコピーする機能です。
「DVDコピー機能」は、DVDをコピーする機能です。
「HD動画変換機能」は、HDの動画に変換する機能です。
・「スライドショー作成機能」は、写真からスライドショーを作成する機能です。
・「動画編集機能」は、簡易的な動画編集をする機能です。
・「YouTubeダウンロード機能」は、YouTube動画をダウンロードする機能です。因みにYouTube以外にも対応しています。
・「ウォーターマーク除去機能」は、いわゆる透かしマークを除去する機能です。

そのまんまやんけ!

細かな機能も含めると、まだまだ他にもできることはあると思います。

ただそれら全てを説明すると禿げるので、詳しくは割愛します。

 

それでは次に多機能変換ソフト「Leawo Prof.Media 11」の使い方についてです。

こちらがLeawo Prof.Media 11のメイン画面のUIになります。

ここに機能ごとの項目があるので、そこをクリックすることで機能ごとの画面に移ります。

これが変換系機能の画面です。

ファイルをドラッグして、変換するファイル拡張子を選んでから、変換ボタンをクリックすることで変換できます。

因みにファイルをドラッグした際に、動画編集機能に移行して簡単な動画編集を行うことも可能です。

続いて書き込み系機能の画面です。

書き込むDVDやBlu-rayのディスクのタイプを選び、書き込むをクリックすることで書き込めます。

続いてコピー系機能の画面です。

コピーしたいDVDやBlu-rayを追加して、コピーをクリックすることでコピーできます。

続いてダウンロード機能の画面です。

機能名称ではYouTubeダウンロード機能と書きましたが、
前述した通り実際はYouTube以外の動画サイトの動画をダウンロードすることもできます。

ダウンロードした動画サイトの動画のページのURLを上に貼り付けてページに飛ぶと、
右側にダウンロードする動画の解像度やサイズを選べるので選び、
「ダウンロード」アイコンをクリックすることで動画をダウンロードできます。

続いてウォーターマーク除去機能の画面です。

Blu-rayディスクを追加すると、ウォーターマークを除去できます。

 

Leawo Prof.Media 11の使い方の紹介としては以上になります。

いかがでしたでしょうか。

見ての通り、非常にシンプルで直感的な操作性でそれぞれの機能を利用することができます。

更に詳しくは公式サイトの方でガイドが載ってますので、そちらをご覧ください。

 

多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11」の購入方法と無料のダウンロード方法は?

次に、多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11の購入方法と無料のダウンロード方法を紹介します。

因みにパソコンのOSはWindows版とMac版のどちらにも対応しています。

 

Leawo Prof.Media 11購入方法としては、こちらの公式ページより購入できます。

価格としては、

上がサブスクの年間プランの値段で、下が買い切りの永続プランの値段になります。

基本買い切りで買った方がお得で割引きもきくので、買うなら永続プランでの購入を勧めます。

因みに30日間の返金保証もあるそうです。

詳しくは上記の公式ページをご確認ください。

 

また、Leawo Prof.Media 11無料のダウンロード方法としては、
こちらも公式サイトに「ダウンロード」という項目があるのでそこをクリックすることで製品の試用版をダウンロードできます。

試用版は勿論各機能をフルに使えるわけではなく、制約があります。

ただ使用感を確かめる上では十分だと思うので、
まずは試用版を試してみて気に入れば製品を購入するという流れで良いでしょう。

多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11」の評判は?

最後に、多機能変換ソフトLeawo Prof.Media 11の評判を紹介します。

またTwitterで適当に拾ってきました。

という感じでした。

日本人よりも外国人のツイートの方が多かったので、
どちらかというと外国人の方が多く使っているのかもしれません。

こちらには載せていませんが、製品についてとある機能についてどうしたらいいんだろうと呟いているユーザーに対して、
公式アカウントがすぐにフォローのリプライを送っていたのが印象的でした。

こうしたユーザー対応はしっかりしているように見受けられます。

また公式サイトにもレビューが載っていたので気になる方は見てみてください。

 

 

 

 

 

多機能変換ソフト「Leawo Prof.Media 11」の紹介については以上です!

様々な機能がありましたが、一番の売りとしてはやはり「変換機能」を押しているみたいでした。

DVDやBlu-rayへの変換、コピー、書き込みに困っている人には特に重宝しそうなソフトと呼べそうですね。

公式Twitter公式YouTubeチャンネルの方でも様々な情報が発信されているみたいなので、
気になる方はチェックしてみてください。


それではここまでご覧いただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!バイバイ!!

 

別の多機能ソフトについてはこちらから

-雑記
-,

Copyright© 俺僕ゲームBLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.