雑記

ゲーム実況にオススメの動画編集ソフトは?mac、windows、有料無料スマホアプリまでそれぞれ紹介!!

投稿日:

はいどうも俺僕です!今回は雑記になります!

テーマはズバリ、「ゲーム実況にオススメの動画編集ソフトは?mac、windows、有料無料スマホアプリまでそれぞれ紹介!!」です!!

前回記事でオススメの動画編集教材について紹介したので、動画編集繋がりということで今回は動画編集ソフトにスポットを当てた記事を書いていきたいと思います!

特に僕自身がゲーム実況者なので、ゲーム実況者としての観点も踏まえて紹介します。

あくまでも僕個人の評価なのでご了承ください。また全て自分で使ったことのあるソフトのみ評価していきます。

まず先に結論から言いますと、

有料ソフトなら「Adobe Premiere Pro」、

無料ソフトなら「Aviutl」です。

では選んだ理由と、せっかくなので僕がこれまでに使ったことのある編集ソフト全てについての解説及び他の編集ソフト動画編集用スマホアプリについても紹介していきたいと思います。

※編集ソフトの使い方に関しては割愛します。

まずは無料版からいきましょう。

Aviutl

オススメ度:★★★★★

難易度:★★〜★★★★(使い方次第)

値段:無料

 

「神」

そんな一言に尽きる動画編集ソフトの「Aviutl(エーブイアイユーティエル)」です。

何が神なのかと言いますと、無料でいて性能は有料動画編集ソフト並のポテンシャルを持っていることです。

なのでこの動画編集ソフトを極めることができれば有料動画編集ソフトを買う必要がないとも言えるでしょう。

ただ有志が作成した無料動画編集ソフトなだけあって、市販の動画編集ソフトよりも設定が非常に難しいです。

まぁネットでググりながらやれば問題はないのですが、ネットに疎い人だとこの設定の所でつまずく人は多いと思います。

また機能を拡張していく為にプラグインを追加でインストールする必要があり、このAvitul関連のファイルでごっちゃごっちゃの状態になるので、それも覚悟しておいた方が良いです。

そしてなおかつ、Aviutlの機能を最大限に活かすのは相当に難しいです。何故なら有料動画編集ソフト張りの機能を有している割に、それに関してのチュートリアルはないことから独学で学ぶしかないからです。

この独学で学ぶのが面倒だという方には宝の持ち腐れとなるでしょう。逆に言えばこのAvitutlで動画編集ソフトの基本や基礎を学んでおけば、後々有料の動画編集ソフトを購入した際にすんなりとそのソフトを使っていけることになるでしょう。

単純に画像やSEの挿入、カットやテロップ入れだけといったシンプルな機能を使うだけなら全然問題なく非常に使いやすいです。まずはこのシンプルかつ基本となる工程を抑えるのも大事ですね。

ゆっくり実況との相性も高く(というかゆっくり実況は基本的にAviutlを使って動かす)、非常に多くのゲーム実況者に使われている編集ソフトです。ゲーム実況との相性も抜群です。

なので、ハッキリ言って使わない理由はないです(結論)。

ただ留意点としては、Macユーザーは使えないっぽいので注意ください(プラグイン次第ではMacでも使える?)。

使い方はこちらのサイトを参照すると良いと思います。

iMovie

オススメ度:★★★

難易度:★★

値段:無料

「iMovie」です。名前でわかると思いますが、これはMac専用無料の動画編集ソフトです。

なのでWindows OSでは機能しないのでご注意ください。

Apple製品らしくシンプルで直感的な機能性で、編集ソフトとしては扱いやすい方だと思います。

ゲーム実況で撮った動画をMacBook等で編集したい方は、iMovieを使うという選択肢は普通に有りだと思います。

ただこのiMovieを使いたいが為にMacBookを買う必要はないでしょう。

普段使用しているパソコンがMac系の人にとっては、使用する動画編集ソフトとしては登竜門的立ち位置だと思います。

後述するFinal Cut Proという動画編集ソフトは、このiMovieの完全上位互換になります。

因みに僕は今はMacBookで動画編集はメインでやっています。

使い方や機能についてはこちらをみてください。

SHARE FACTORY

オススメ度:★★★★

難易度:★★

値段:無料

意外な編集ソフトが出てきましたね(笑)

この「SHARE FACTORY」という編集ソフトは知る人ぞ知る編集ソフトだと思います。

というのも、PS4専用の編集ソフトだからです。

なのでPS4を持ってない人は飛ばしていただいて結構です。まさにゲーム実況者向けと言えそうですね(笑)

この編集ソフトは値段は無料で、誰でもダウンロードできます。

機能としてはシンプルですが、PS4のコントローラーのボタンで全て編集できるようなUIで設計されているので、かなり特殊で独特な編集ソフトと言えると思います。

まるでゲーム感覚で動画編集できると言っても過言ではないと思います。

僕自身、ゲーム実況動画は9割PS4から直で撮影(録画)していて、その後データをPCに送ってPCの動画編集ソフトで普段は編集しています。

ただそこまでこだわった編集をしない時は、このSHARE FACTORYで編集しちゃっています。

ではこのSHARE FACTORYではどんな編集機能があるかと言うと、カット、テロップ、トランジション、オープニング、エンディング作成等が大まかにできます。画像の挿入やSEの挿入も多分できると思います。

詳しい機能や使い方についてはこちらのサイトを参照してください。

僕はPS4から、ライブ配信や実況動画で、ツイッター用のショートムービーを作成したい時、一々動画編集ソフトを開いて編集するのはかなり面倒臭いので、このSHARE FACTORYでカット(トリミング)と微調整だけしてそのままPS4から直でツイッターに動画をアップロードしています。

これが可能なのはこのSHARE FACTORYがあるおかげなので、僕としてはかなり重宝しています。

PS4ユーザーでこの編集ソフトを使ったことがないという人は是非一度は使って体験してみて欲しいと思います。

Filmora(無料版)

オススメ度:★

難易度:★

値段:無料

パソコン用動画編集ソフト「Filmora」の無料版です。ハッキリ言って微妙です。

何故かと言うと、この無料版を用いて編集すると、出来上がりにFilmoraのロゴが入るからです。

これは無料版を使って編集していることがバレますし、どれだけ凝った編集をしても結果としてかなりチープな出来上がりになってしまいます。

Aviutlという無料で使えてロゴも残らない編集ソフトがある中で、あえてこれを使う必要は本当にないと思います。

ただ編集ソフトとしてはシンプルなUIで非常に使いやすいです。iMovieみたいな感じで、初心者向けの編集ソフトと言えるでしょう。

因みに有料版は勿論ロゴは入らなくなります。価格はおよそ8000円です。かなり安い方ですね。

ただ有料版は僕は使ったことがないので評価は差し控えたいと思います。ただ後述する有料動画編集ソフトはこれの2倍3倍と値を張るので、推して知るべしといった所でしょう。

Filmoraの使い方についてはこちらのサイトからどうぞ。

PowerDirector

オススメ度:★★★★

難易度:★★

値段:有料(約13,000円)

PowerDirector」です。このソフトは有料のパソコン用動画編集ソフトになります。値段はおよそ13,000円です。相場的には普通か少し安い位だと思います。こちらはwindows用の編集ソフトとなるので、Macでは使えないのでお気をつけ下さい。

オススメ動画編集ソフトとしては、位置することの多い人気編集ソフトです。僕が初めて買った有料動画編集ソフトでもあります。

有料動画編集ソフトではありますが、機能が優れているのは勿論ですがそれでいて優しいUIをしていて、初心者にも使いやすい編集ソフトになっています。

ただ使っている上で欠点があり、一つはソフトが結構重いということと、もう一つはテロップ(字幕)が1シーンで二つ以上使いたい場合挿入方法が非常に面倒臭いということです。

これはこの編集ソフトの字幕入れが特殊なやり方を採用していて、それに起因するものになります。

動画編集において字幕入れは非常に重要な要素となるので、ここでストレスや手間を感じる要素があるのは正直致命的な部分ではあると思います。それさえなければ機能に関して文句ないんですけどね…。

ただそれを差し引いても、他の機能は普通に優秀で、例えばアニメーションなんかは最初から編集ソフト内にデフォルトとして用意されているので、Adobe Premiere ProでいうAfter Effectで自分でアニメーションを作る作業を省くことができ非常に便利です。

ポテンシャルの高い編集ソフトなので、選択肢として全然ありです。現に僕は今でもこの編集ソフトは使っています。

使い方や詳しい昨日の説明等はこちらのサイトを参照ください。

Final Cut Pro

オススメ度:★★★★★

難易度:★★★〜★★★★

値段:有料(約35,000円)

YouTuber御用達の編集ソフト、「FinalCutPro」です。上で挙げたiMovieの大幅上位互換版MacPC専用の編集ソフトになります。windowsユーザーは使えません。価格はおよそ35,000円です。高いですね(笑)恐らく買い切り型の有料編集ソフトの中では最も値段が高いのではないでしょうか?(例外はAdobe Premiere Pro)

そしてMac系のパソコンもwindows OSのパソコンと比べるとかなり値段が高いので、正直お金に余裕がある人向けの話になりますね。

ただ僕が今使ってるMacBookも、ヤフオクで中古で35000円位で買ったパソコンなので、頑張ればやりようによっては安く手に入れることもできます。

そして肝心な性能についてですが、まぁ文句ないでしょう。これさえ持っておけばというような編集ソフトです。

現状動画編集ソフト最強最高クオリティのソフトは、ぶっちゃけAdobe Premiere Proだと思いますが、それに対抗できる程のポテンシャルのある編集ソフトです。

UIはアップル製品らしくシンプルかつスマートで、本当にiMovieみたいな感覚で使えます。

ただこの編集ソフトには最大の欠点があります。それは、動画編集している時のプロジェクトファイルの容量がバカでかくなることです。

これはこのFinalCutProの仕様らしく、常に元ファイルと一緒にバックアップ用のファイルも保存しているようで、それによって一つの動画編集プロジェクトだけで非常に大きな容量に膨らんでしまいます。具体的に言うと、2GB〜30GBと、たかが動画編集プロジェクトファイルの癖に非常に要領を食います。パソコンのストレージを圧迫することは確実なので、パソコンのストレージに余裕がない人がこの編集ソフトを使うと痛い目に会います(僕は今絶賛痛い目に合っている所です)。これは本当に洒落にならないので覚えておいてください。

いいですか。これからたくさんの動画編集をする上で、そのプロジェクトファイル一つ一つが平気でなん10GBと掛かるのです。100GBですら速攻で到達しますよ?

なのでFinalCutProの購入を検討している人は、購入の前に必ず自分の使っているパソコンの内部ストレージにはどれだけ空き容量があるのかを確認しておいてください。

FinalCutProについて更に詳しい情報を知りたい方はこちらのサイトを参照ください。

Adobe Premiere Pro

オススメ度:★★★★★

難易度:★★★★★

値段:有料(約5700円/月)

PDFでもお馴染みAdobe社の提供する「Adobe Premiere Pro」です。

もはや説明不要な数多の動画編集ソフトの最終到達地点、言ってみれば原点にして頂点と言ったような感じです。ゲームで言うならラスボスかな?(笑)

パソコン用の動画編集ソフトですが、windowsでもMacでもどちらでも使えます。値段はそれぞれのプランによって変わってきますが、Adobe製品コンプリートセットだと、およそ一月5700円です。なので年間だと7万弱掛かります。FinalCutProの更に2倍位の価格かな?(笑)

買い切りはできなくて、サブスクリプション制になります。つまり半永久的に課金されていくことになります。もはや固定費であり生活費の一部となります。

ということで、正直ゲーム実況だけでこの動画編集ソフトを使う必要やそれに見合う対価があるのか?と問われると流石にもったいなさ過ぎるし元は取れないと思います(笑)

それでも、ゲーム実況者の中にもAdobe Premiere Proを使っている人がいるのは事実なんです。

その中の一人が僕です。

ゲーム実況者の差別化を図る上で重要となるのが編集スキルで、編集にクオリティを出すために高性能な動画編集ソフトを活用している人は増えていますからね。それだけ競争も激しくなっているということでしょう。

機能はなんでも揃っています。というかAdobe Premiere Proの全ての機能を完璧に使いこなせる人は、どこにもいないんじゃないかという位様々な機能があります。またAdobe製品の、「AfterEffect」や「Photoshop」、「Illustrator」との連携もばっちしです。Adobe製品相互で互換性あるのは非常に大きな強みだと思います。

ただその反面、使い手としては、それぞれの製品に応じて覚えるべきことが膨大にあるので、本当に本当に難しく大変です。正直Aviutl、FinalCutProが可愛く思えてくるレベルです。なので難易度は★5です。これが使えるようになったらもうそれだけで働いていけるでしょう。

Adobe Premiere Proについて学びたい方はこちらのサイトへどうぞ。

 

以上が僕の使ったことのある動画編集ソフトの紹介でした。

 

参考として、僕が使ったこのはないものの、他にもある動画編集ソフト、そしてスマホで使える編集アプリについてサラッと名前だけ紹介していきます。

パソコン用の他の編集ソフト

「Lightworks」、「VideoPad」、「VideoStudio」、「Movie Studio」、「GOM Mix Pro」、「IcecreamVideoEditor」、「Microsoftフォト」、「Shotcut」、「 Windowsムービーメーカー」、「 Lightworks for Windows(無料版)」、「VideoPad for Windows」、「みんなのフォトムービー(NeroVideo)」、「PowerPoint」、「Avidemux」。

スマホ用動画編集アプリは、

Magist」、「PowerDirector」、「キネマスター」、「VivaVideo」、「Quik」、「VideoShow」、「WeVideo」、「InShot」、「BeeCut」、「Splise」、「iMovie」、「Clips」、「Action Movie FX」、「Adobe Spark Video」、「Triller」、「VLLO」、「Enlight Videoleap」、「LumaFusion」、「Adobe Premiere Rush」。

以上になります。

ちょくちょく聞き覚えのあるものがあったのではないでしょうか。これらについての詳細は僕は使ったことがないので各自でお調べください。

 

それでは最後にもう一度今回の結論を言いますね。

有料ソフトなら「Adobe Premiere Pro」、

無料ソフトなら「Aviutl」です。

はい、以上です(笑)

「この編集ソフトについてもっと詳しく知りたい!」とかあれば遠慮なくコメントでもメッセージでも送ってくださってOKです。

 

長文となりましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。バイバイ!

-雑記
-, , ,

Copyright© 俺僕ゲームBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.