Emily Wants to Play Too(エミリーも一緒に遊びたいの) これまでに実況したゲームの振り返り

これまでに実況したゲームの振り返り…「Emily Wants to Play Too(エミリーも一緒に遊びたいの)」攻略⑤〜9時台10時台編、マックス、キキ、ウィースル登場〜

投稿日:

はいどうも俺僕です!
これまでに実況したゲームの振り返り…「Emily Wants to Play Too(エミリーも一緒に遊びたいの)」攻略の5回目の記事になります!

前回はグレッタとタターズという二体の人形が出現する8時台を攻略しました。今回は9時台の攻略から始まります!

9時台

9時台から始まります。

まずは前回行った「warehouse」という部屋の中に入ります。

中に入ると、突然真っ暗になります。

この状態で闇雲に歩き回ると人形に見つかってゲームオーバーになってしまうので、
まずは、

これで僕は戦える!!

すぐ右側に行くと懐中電灯が光っているのでそれを拾います。

懐中電灯を入手したことで、幾分か前方が見えるようになります

ただ依然としてこの部屋は真っ暗なままで、壁にあるスイッチを付けても電気がつくことはありません

実はこれはこの場所に出現する人形に理由があるんです。

 

この9時台の時間帯、この「warehouse」という部屋には二体の人形が出てきます。

まず一体目は、

強面人形

コイツです。

名前を「マックス」といいます。

マックスは、プレイヤーを見つけると猛スピードでこちらに向かって突っ込んできます

しかしそこで懐中電灯のライトを向けると、動きを止めることができます。

光が弱点というわけです。光のついた部屋では行動できないので、
その為この部屋はずっと暗いままというわけなのです。

またコイツは一度光を浴びせると、動きを止めることができますが、
一定時間後に消えてまた違う場所から現れます

無限に湧いて出てきてキリがないので、基本的には早急に暗い部屋から明るい部屋に避難した方が良いです。

というのも、マックスは近くにいると「キリキリッ」という不協和音が聞こえてきます。

しかし如何せん周りが暗いので、どの方角にいるのかわかりづらいです。

そこで気付かぬうちに背後から突進してこられてゲームオーバーになることがあるので、結構厄介です。

突っ込んでくる時は基本的に「ダダダダダッ」という駆け寄ってくる音が聞こえるのでそれが合図になります。

ライトの当たり判定はあまり広くないようで、きちんとマックスの体に光を当てないと、
正面であっても突っ込んできてゲームオーバーになることがあるので気をつけましょう。

 

そしてこのステージにはもう一体人形が登場します。

暗闇の中を暗躍する人形、そう、もうアイツしかいないですね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼んだ?

みんなのアイドルトラウマこと、黒髪人形の「キキ」です。

キキは前作にも登場しました。今作でも仕様は全く同じです。

女の子の笑い声がするとそれが出現の合図で、プレイヤーの近くに現れます。

大抵自分の背後に現れることが多いです。

そして音を立てずに近づいてきて、触れられるとゲームオーバーになります。

対策としては、女の子の笑い声が聞こえたらすぐに中を見回してききを見つけましょう。

キキはマックスと同じで、

前作よりちょっと身長伸びた?

光が弱点で、ライトを浴びせると動きを止めることができます。

マックスとは違い、キキはライトを浴びせ続けることで、
消滅させることができます。

ただ他の人形とセットで出現した場合、稀に他の人形がライトの盾となって、
ゴリ押しで接近してくることがあるのでご注意ください。

また仮にキキの姿を見つけられなくても、キキは基本的にプレイヤーの後ろからゆっくり追いかけてくるので、
不用意に背後を振り返ることをしないで前をドンドン進んでいけば、スルーしてゴリ押しすることもできます。

行き止まり行ったらヤバいけど。

なのでイメージ的にはマックスはキキの上位互換と思って間違いないです。

怖さはキキの方が上だけど。

キキも基本的には明るい部屋には出現しません。

ただこのゲーム、基本的に部屋の電気は勝手に消されることになるので、
暗い部屋を探索していくのが通常です。

ということでキキの恐怖から逃れることはできません(笑)

 

マックスとキキの攻略法を解説した所で、次はこの時間帯のやるべきことを説明します。

この時間も前の時間と同じで、カードキーを見つけてロックの掛かった扉を開けて先へ進めばクリアです。

ではカードキーはどこにあるのかと言うと、

机の上になければリセット推奨

これもランダム要素なので不確定ですが、大体部屋の四方にある机の上のどこかにあることが多いです。

もし机の上に無かったら、悪いことは言わないんで、リセットすることを推奨します。

というのも、この真っ暗闇の中、マックスとキキという二体の人形から追われながら
孤独にカードキーを探し続けるのはかなりしんどいからです。

マックスとキキが出現する度に人形を見つけてライトを浴びせ続けるのはかなり面倒臭いです。

なにせマックスは無限に湧いてきますからね。

精神が消耗すること間違い無しなので、机の上になかったらリセットしてやり直しましょう。

リセットすることでアイテムの配置が変わります。

 

カードキーを入手したら、部屋の奥にセキュリティレベル3の扉があるので、
そこでカードキーを使って先へ進むことでクリアです。

 

次は、

10時台

10時台になります。

10時台は簡単なのでこのままいきます。

セキュリティレベル3のエリアも、基本的に部屋は暗いままです。

この時間帯は、

キモ過ぎワロ太郎

コイツが登場します。

暗くて全身像が分かりづらいですが、

コ ロ ン ビ ア

最初のステージ(家)にも出てきたコロンビア長身クソキモ人形です。

コイツの名前は「ウィースル」といいます。

ウィースルは他の人形と同じようにステージ上を徘徊しているのではなく

謎のオルゴール箱

最初のステージの浴室にもあった木箱のオルゴール箱の中に潜んでいます。

そして出現する時はオルゴールの音が鳴り始めて
これが鳴り終わると「ガタッ」という音と共に箱の中から出てきて、プレイヤーの方に一直線で向かってきます

捕まると当然ゲームオーバーです。

対策としては、オルゴールの音が鳴り終わる前にオルゴール箱をタッチすることでオルゴールが止まり
ウィースルの出現を阻止できます。

その為オルゴールの音色が聴こえたらすぐに中を見回してオルゴール箱を探しましょう。

オルゴール箱の出現場所は完全にランダムで、基本的には近くにありますが、
結構わかりにくいことが多いです。

ただオルゴールを止められなくてウィースルが出現したとしても必ずゲームオーバーになるというわけではなく、
ウィースルもキキと同じで比較的スピードが遅いので、背後を振り返らずにゴリ押しで前だけ進んでいけば撒ける時があります

ただ過信しない方が良いので、基本的にはオルゴールが鳴ったらオルゴールを探して止めるようにしましょう。

 

さて、10時台は基本的にウィースルしか現れないので、この時間帯もさっさとカードキーを見つけて
セキュリティレベル4の扉を解除して先へ進んで行きましょう。

徘徊している人形はいないのでそこまで難しくはないと思います。

カードキーは僕の場合は「Conference and Training」という部屋の中にありました。

 

カードキーをセキュリティレベル4の扉に使用して先へ進むと10時台はクリアになります。

ただしこの時間台だけ扉を開けた後にいつものように時計が表示されません

これにも実は理由があります

とりあえずこのまま進めましょう。

奥に進むと「Power Room」という部屋があり、そこに

ブレーカー発見!

ブレーカーがあるのでこれを調べることで、部屋の電気を復旧させることができます。

部屋の電気がついた後、更に先へ進んでいくと、突然

エミリー登場

ボロボロの服を着た少女が現れて、プレイヤーを見つめています。

いうまでもなく、「エミリー」です。

そして次の瞬間プレイヤーに猛スピードで接近してきて、

ブス過ぎワロタ

うーん、Aカップ!w

スカートの中見えた!w

ゲームオーバーになってしまいました…。

実はこのステージ、

10時台だけ何故か30分刻み

10時30分という時間帯だったんです。

だから10時台をクリアしてもそのまま進んだんですね。

そしてこの10時30分台は、このゲームの真エンディングを見るために重要な分岐となります。

 

ということで次回は、重要な10時30分台の時間帯の攻略から進めていきたいと思います!

それでは次回もお楽しみに!!

-Emily Wants to Play Too(エミリーも一緒に遊びたいの), これまでに実況したゲームの振り返り
-,

Copyright© 俺僕ゲームBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.