428 〜封鎖された渋谷で〜 これまでに実況したゲームの振り返り

これまでに実況したゲームの振り返り…「428 〜封鎖された渋谷で〜」⑨〜14:00-15:00編〜

投稿日:

はいどうも俺僕です!これまでに実況したゲームの振り返り…「428 〜封鎖された渋谷で〜」の9回目の記事になります!

前回で13:00-14:00編は最後まで進んだので、今回から14:00-15:00編に入ります!

とりあえず加納編から進めます。外国人犯罪グループの溜まり場であるバーにジャックと共に押しかけた途中からになりますね!外国人の発した「カナン」という言葉に、加納は聞き覚えがなかったのでジャックにカナンが何者か聞くと、カナンは中東の工作員だと言います。

そして現場にはアタッシュケースリレーを行う地図が残されており、その最終受け渡し地点は14:20に都内のとあるマンションの一室となっていました。そして加納とジャックはそのマンションに向かいます。途中車内で久瀬からの無線が入り、マンションの持ち主の名前を知らされます。その人物は…ここでKEEP OUTになります。

次は亜智編を進めていきます。前回最後で外国人に追われていた所、カナンと名乗る謎の少女に助けられていました。

カナンは、マリアが誘拐されたのは自分の責任であり、マリアを必ず助けると言います。色々カナンに聞きたいことがありましたが、外国人達が再び迫ってきたので、カナンが足止めすると言い亜智とひとみは逃げます。

ひとまず距離を取った後、まだお昼を食べていなかったので、腹ごなしに近くのレストランに入ります。腹ごなしをしながら、ひとみと雑談します。ひとみによると、カナンとはマリアが中東に行った際に出会った女性で、ひとみはカナンとは面識がありませんでした。

因みにひとみは緑山学院大学のミスキャンパスでした

またひとみとマリアは対照的な性格で、ひとみは姉であるマリアに負い目を感じていました。

※※※同じ役者です※※※

因みにひとみはマリアが誘拐される直前に、誘拐現場であるパーティーには参加しないよう言われていました。

ひとみの服が破れてしまっていたので、ファッションエンターテイメントビルGiGOに立ち寄ります。

プリクラ機の近くを通ると、柳下が出てきてひとみのことを「タマくん」と呼んで話しかけてきました。勿論ひとみは柳下と面識がないので亜智が追い払います。柳下は借金取りから逃げてここまで来ていました。

ぐうかわ

そしてひとみが服を買いに行ったので、亜智はエスカレーターの前で待ちます。そして

ひとみ(マリア)

ひとみ(らしき人)がエスカレーターに乗っていたので声をかけたものの、無視されてしまいました。そして亜智がひとみ(らしき人)を追いかけて上に上がっていくと、電話をしているスーツ姿の男にぶつかります。しかし電話に夢中でぶつかったことに気にもとめませんでした。

この男性は…

そしてひとみが上階の展望レストランで窓越しに青いワゴンを探しているかもしれないと思いレストランに入ると、店員からとある客に料理を全て平らげられてしまったことで閉店だと言われます。

ま た お 前 か

亜智が気にせず店内に入り、窓から下を覗くと、外国人達がビルの下にいるのが見えたので、急いでひとみと合流する為に店を出て行きました。ここでKEEP OUTになります。

次はマリア編を進めていきます。前回最後でタマの着ぐるみの中に入っていた人が、まさかの誘拐されたはずのマリアということが判明しましたね。その続きからになります。

マリアはタマの着ぐるみを担いで、欲しかったネックレスを購入し店を出て行きます。

持ち方で草

タマは近くのコンビニで捨てました。(笑)

マリアの服も破れてしまっていたので、GiGOに寄って服を買いに行きます。途中ゲームセンター前で頭山に話しかけられ、はぐれてしまった花を見かけなかったか聞かれます。

ゲーセンに時代を感じる(笑)

頭山と別れると、今度は柳下と再会します。柳下は借金取りから逃げてここまで来ていました。そして近くに借金取りがやってきたので、咄嗟にプリクラ機の中に二人で隠れます。

流石に草

そしてついでにプリクラも撮ります。

楽しそうで草

そして柳下と別れ、上の階に行こうとすると、亜智に声を掛けられます。しかしマリアは亜智と面識がないのでナンパだと思い無視して上に上がります。上の階に行くとチリがレストランから出てきました。チリから柳下とは関わらない方が良いよと言われ別れます。

そして今度はスーツ姿の男に声を掛けられます。

この男は…

自分のことを「ひとみ」と呼ぶも、マリアは記憶を喪失しているので自分の名前もわかっていませんでした。ひとまずこの男性に付いていきます。しかし道の途中で、急に男が襲い掛かってきてバッドエンドになってしまいます。

ここは亜智編でひとみ(マリア)を見かけた際の行動を変えることによってバッドエンドを回避することができます。

そして再びマリア編を進めていくと、今度はちゃんと服を階にファッションエリアに行きます。そして今着ている服のポケットに写真が入っていて、

このタトゥーは…

記憶で誰かにこの写真の男は近づくなと言われていたことを思い出します。そして新しい服を買って着替え、

新しい服

エスカレーターに乗ろうとすると、再び亜智に声をかけられます。ここで亜智編へのJUMPポイントがあるので亜智編にジャンプします。

新しい服に着替えたひとみ(マリア)を見かけ、一緒に行くように言うも手を振り払われ行ってしまいます。亜智が追いかけていくと、借金取りから逃げていた頭山に助けを求められます。そしてやって来た借金取りにやられてしまいバッドエンドになります。

これを回避する為にまたマリア変に戻り、亜智に話しかけられた際にフロアを移動しない選択肢にしておきましょう。亜智を撒いた後に4階に上がり、スーツ姿の男が電話しているのが見えます。そしてレストランに向かうと閉店していたので、他の店を探していると近くに頭山とはぐれていた花を見つけました。そして花を頭山と合わせる為にアナウンス室に向かいます。

アナウンス室に向かう前に警備員室の前を通り、中を覗くと杖の男が警備員と話しているのが見えました。そして1階の正面玄関以外の出口を全て閉めるよう命令していました。

そして中を覗いている間に花がどこかへ行ってしまいました。そこに借金取りがやって来ます。柳下と知り合いじゃないかとしつこく迫ってくるので、反撃して追い払いました。

ヒロインかな?

そして再び花を探そうとしていると、

左の外人の顔で草

急に二人の外国人に囲まれます。そこでマリアは過去の記憶の断片を思い出します。かつて中東の地で同じように外国人に囲まれた際に、謎の少女によって助けられていたことを思い出しました。

二人の外国人に連行されている最中マリアが記憶を失っている素振りを見せると、外国人達が「あっちなのか?」と動揺して誰かに電話をしていると、そこに警備員室にいた杖の男がやって来て外国人達を追い払いました。そしてマリアに向かって、

この男の目的は…

「お前に罪はない。悪く思うな。」と言われ銃口を突きつけられて、TO BE CONTINUEDになります。

今回はキリが良いのでここまでにしたいと思います!それでは次回もお楽しみに!!

-428 〜封鎖された渋谷で〜, これまでに実況したゲームの振り返り
-

Copyright© 俺僕ゲームBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.