Shenmue III(シェンムー3) 現在実況中のゲームについて

現在実況中のゲームについて…「Shenmue III(シェンムー3)攻略」(11)〜序盤の効率的なお金稼ぎの方法、手段(ギャンブル、質屋、薪割り)〜

投稿日:

はいどうも、俺僕です!
現在実況中のゲームについて…「Shenmue III(シェンムー3)攻略」の11回目の記事になります!

前回は莎花(シェンファ)と一緒に木仙へ行き、ゴロつきと再戦したものの、あえなく負けてしまいました。そして対策を立てるために孫さんに修業を請い、最初の手筈として老酒の4升瓶(50年物)を用意することになりました。この老酒の4升瓶(50年物)は販売価格が2000元なので、地獄の金稼ぎの日々が始まります…その続きからになります!

老酒4升瓶(50年物)の2000元を稼ぎ出す為に、今回はひたすらお金稼ぎに励みます。

シェンムーシリーズではお金稼ぎに尽力することになるのでが恒例としてあって、

シェンムー1ならフォークリフト、シェンムー2なら荷物運びやストリートファイトでお金を工面するのが
効率的でしたね。

今作においては食事というシステムが導入され、食糧を購入する必要が出てきたのでこれまで以上にお金に切迫する場面が増えてきます。

 

今作の序盤においてお金稼ぎをする方法は大まかに3つほどあって、

・陶おじさんの店で薪割りアルバイト

・ギャンブルで一攫千金狙って木札で景品交換して景品を換金

・質屋で物売る

の3つになります。

下二つに関しては、景品を換金というのは=で物を売ることになるので少し似通っていますね。

正攻法としては、素直にアルバイトをするのが一番だと思います。

ですがあえて先に下二つから解説しますね。

 

質屋で物売り

質屋で物を売ることについてですが、そもそも序盤だと大してアイテムを入手するような機会もないのでほぼ選択肢としてないでしょう。

売る物の候補としては、フィギュアの景品とかくらいですかね。

ただ換金レートが低いので、フィギュアを売ったところでなけなしの金にしかなりません。

お金払ってガチャガチャをして、それを質屋で売って換金しても恐らくほぼ意味ないです。

ということで質屋で物を得ることで販売利益を得ることを考えるのはやめましょう。

 

ギャンブル(遊楽園)

次にギャンブルで木札を集め、それを景品に交換し換金することについてですが、

これは選択肢としてはありだと思います。ただ賭け金のベットを低くしても意味ないので、ベットを一気に上げて勝負に出ましょう。

ギャンブルなので基本的には運任せですが、実は裏技的方法があります。

それは占い屋のおばさんの力を借りることです。

前にもちょろっと話しましたが、望洛台の占い屋で、色占いをすることができます。

この占われたラッキーカラーというのは、花鳥風月というギャンブルでの「花」「鳥」「風」「月」のそれぞれの色に即したものになっています。

このラッキーカラーと同じ色の所に賭けると、ほぼ必中させることができます(100%ではないらしい)。

なので賭け金をベットしまくって、一気に稼いでしまいましょう。

ただ花鳥風月は白鹿村では夜しか営業してないので、それまでの間はできないということで少し効率が悪いですね。

花鳥風月以外のギャンブルとしては、カメレースなんかは運ゲーというよりは連打、コマンドゲーなので、比較的勝ちやすい部類に入ると思います。

 

そしてギャンブルで稼いだ木札は、パンダ市場の景品交換場で景品に交換します。

ここで換金レートの高い景品が、

藍玉がオススメ

質屋で売ろう

藍玉という景品が最も換金レートが高いので、藍玉に交換しましょう。

交換したらすぐ隣にある質屋で換金します。

およそ木札1420枚で藍玉一つと交換で、それを換金すると127元になります。藍玉一つで127元の儲けです。

意外に少ないですよね(笑)

因みに初回購入特典(?)で実はギャンブルをしなくても最初から木札5000枚を持っています

なのでギャンブルをしなくても最初から藍玉3つと交換して、およそ360元くらいは何もしなくても利益を出せるので、覚えておきましょう。

 

アルバイト(薪割り)

では最後にアルバイトの薪割りの解説です。

ギャンブルに頼らず、地道に汗水流してコツコツ働くのが一番安定しています。

ただ今作序盤の陶おじさんの薪割りアルバイトは、異様に効率悪いです。

というのも、やればわかるのですがアルバイト一回あたりで貰えるバイト代(賃料)は、アベレージ60〜70元です。

一回あたりアルバイトはおよそ3分位掛かると思います。

つまり純粋にアルバイトの薪割りのみで2000元捻出しようとすると、2000(元)÷70(元)=約18(回)、つまりおよそ18回やらなければなりません。そしてそれは18(回)×3(分)=約51分が時間として掛かります

更に歩合が上がることもないので、バイト代が増えることも一切ありません

ほぼ1時間ずっと薪割りアルバイトです(笑)

なんの苦行かな?

しかもこの薪割り、普通に難しいです(笑)

シェンムー1のフォークリフトはフォークリフトを動かす楽しさがあり、シェンムー2の荷物運びはQTEの面白さがありましたが、
今作の薪割りはクッソ地味な割に視覚的なものに頼るので画面を注視せねばならず難しいです。

アベレージ60〜70元と書きましたが、ミスると40〜50元になることは往々にしてあります。アベレージはノーミスの場合です。

ということで、基本的には薪割りはノーミスでいきましょう。ぶっちゃけ40〜50元も60〜70元もさほど変わらないですが、
少しでも効率を上げる為にもノーミスを目指しましょう

そこでコツなんですが、実はこの薪割りにはテクニックがあります。

薪を置くときに「左側」「真ん中」「右側」の3種類置く場所があって、真ん中以外に置いた時は○ボタン連打で命中させることができます。

もう一度言いますね、

真ん中以外は○ボタン連打してください。

真ん中は連打すると必ず外すので、戻ってきた時を狙いましょう

この薪割りは、「普通」と「很好(とてもいい)」と「太棒了(すばらしい)」の3種類の評価がされます。

「很好(とてもいい)」と「太棒了(すばらしい)」を出すとフィーバータイムに入ることができて、

ボーナスポイントがあるようです。「太棒了(すばらしい)」が最もポイント加算率が高いようです。

なので、いかに最初の方で太棒了(すばらしい)を出せるかが鍵になります。

一度フィーバータイムに入れば、その後は全部評価は同じみたいです。

ただこの「很好(とてもいい)」と「太棒了(すばらしい)」を出す条件はよくわかんない(謎)ので、狙ってやるのはほぼ無理だと思います。

適当に当てていればそのうちなります。なのであまり狙ってやる意味はないです。

素直に無心になって思考放棄してボタン連打しましょう。

こちらは上に貼った動画でも解説しているので、詳しく見たい人は動画を見てください。

ちなベストスコア

 

今回はシェンムー3序盤の効率的なお金稼ぎの方法、手段について解説しました。

まぁぶっちゃけ結局どれも地味な作業です(笑)観念してコツコツやりましょう。

お前がもっと安く売れば良かったんだよ!

それでは次回から老酒の4升瓶(50年物)を買って孫さんに奉納しに行く所からになります!次回もお楽しみに!!

-Shenmue III(シェンムー3), 現在実況中のゲームについて
-,

Copyright© 俺僕ゲームBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.