神曲紹介

神曲紹介…jubeat(ユビート)-BEMANI-編

投稿日:

はいどうも俺僕です!今回も神曲紹介ということで、僕の好きな曲を紹介していきたいと思います!

今回紹介するのは、「jubeat(ユビート)」の曲になります!!

Jubeat(ユビート)って?

jubeat(ユビート)というのは、KONAMI音ゲーになります。

KONAMIの音ゲーのことを「BEMANIシリーズ」と呼ぶので、jubeat(ユビート)もBEMANIシリーズの音ゲーということになります。

この顔に見覚えはありますか?

この筐体に見覚えはありますか?

稼働が始まったのは2008年7月24日になります。

そして現在なお稼働中の音ゲーです。比較的息の長い音ゲーだと思います。

稼働当初は独特な筐体の形や、4×4のマス状の画面(ボタン)を押すという斬新設計かつ未来的なゲームだったということもあり、
非常に反響を呼んで人気がありました。

その後、このjubeat(ユビート)に似たシステムの音ゲーが沢山リリースされていったので、

現代音ゲーにおける草分け的音ゲーであると思います。

 

僕は出始めの頃は流行りに乗るのがミーハーな感じがして嫌だったので、若干遅れ気味に手を出しました。

このゲームはjubeat(ユビート)だけに、指の動きが忙しなくて非常に疲れるゲームです。

ですがまぁエフェクトが出現したマスを叩くだけという直感的な操作が可能な音ゲーということもあり、
敷居は高くなく普通に楽しかったです。

音響もかなり良かったですね。

 

楽曲はJ-popからアニソン、ボカロ等々ありますが、メインはBEMANIシリーズというKONAMI独自の音ゲー楽曲メインとなると思います。

BEMANIシリーズの楽曲は他のBEMANIシリーズの音ゲーと共通となるので、
厳密にいえばjubeat(ユビート)のみに収録された曲紹介というわけではないのでご了承ください。

個人的にjubeat(ユビート)の曲としてのイメージが強い曲を選曲しています。

 

それでは早速、jubeat(ユビート)の神曲を紹介していきたいと思います!

毎度恒例の打線組んだ形式で羅列していくので、そちらもご注目ください!!

神曲紹介

1曲目

Love&Joy」という曲です。ジャンルは「J-pop」になります。アーティストは「木村由姫」です。

一曲目にいきなりJ-popの曲を持ってきましたが、この曲は太鼓の達人でいう「夏祭り」的な曲です。

「jubeat(ユビート)といえばLove&Joy」、「Love&Joy=jubeat(ユビート)」、そんな曲です(笑)

それ位選曲率の圧倒的に高かった人気曲でした。

独特なリズムや曲調がjubeat(ユビート)にどハマりしてましたね。

2曲目

SweetRain」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

J-popっぽい感じがしますが、一応BEMANIシリーズの曲です。ボーカルは「karin」です。

ノリノリなユーロビート曲ですね。

この曲も非常に人気が高く、選曲率の高い曲でした。

聴いたことのある人もいるのではないでしょうか?

3曲目

Evans」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

この曲がリリースされた当初は最難関楽曲だったらしいです。

つまり音ゲーにおけるラスボスみたいなものですね。(今は環境インフレしてて違う)

ドラスティックでドラマティックな曲調で今でも高い人気を持つ曲です。

4曲目

FLOWER」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

これもEvansと同じくボス的な立ち位置の楽曲です。

BEMANIシリーズ全ての音ゲーに収録された大人気曲です。

なのでどのBEMANIシリーズの音ゲーを遊んでもこの曲が入っているはずです。

でも今回はあえてjubeat(ユビート)の曲としてチョイスしました(笑)

5曲目

ALBIDA」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

曲調がEvans、FLOWERと似てますよね。

それは何故かというと、全て作曲者が同じであるからです。

その作曲者とは、超人気作曲者「DJ YOSHITAKA」です。

僕も彼の大ファンで、彼の曲はほぼほぼ全部好きです。

センスに満ち溢れてますよね。

6曲目

JOMANDA」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

こちらもDJ YOSHITAKAの曲です。

この楽曲のジャケット写真(選曲時の画像)は本人らしいです。

途中でテンポの変わる緩急のついた曲になります。

7曲目

I'm so Happy」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

作曲者は「Ryu☆」です。Ryu☆については次回記事で多く名前を見かけることになるでしょう(予告)

「アイソハッピ〜♪」という歌詞と曲名が印象的な曲ですね。

8曲目

Broken」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

作曲者は「dj TAKA」です。DJ YOSHITAKAと名前が非常に名前が似ていますが、別人物です。

神秘性のある曲ですね。

9曲目

天国と地獄」という曲です。ジャンルは「クラシック」になります。

言わずもがなクラシック曲の天国と地獄のアレンジです。

運動会でよく流れるあの曲ですね。

更にテンポが早くなり、明るくコミカルさが増した感じになっています。

10曲目

トルコ行進曲」という曲です。ジャンルは「クラシック」になります。

天国の地獄と同じで、言わずもがなクラシック曲のトルコ行進曲のアレンジです。

こちらもよりテンポが早くなっていてユーロビートっぽい感じになっています。

音ゲーアレンジによって曲調がだいぶ変わるのが面白いと思います。

それにしてもサビ(?)の部分の譜面の激しさが最高ですね(笑)

11曲目

君をのせて」という曲です。ジャンルは「アニソン」になります(多分)。

そうです。あのジブリの君をのせてです。「天空の城ラピュタ」の曲ですね。

ハイテンションジブリという名前でユーロビート風アレンジになっています。

だいぶカッコよくなってますね(笑)

12曲目

凛として咲く花の如く」という曲です。ジャンルは「BEMANIシリーズ」になります。

作曲者は「紅色リトマス(TOMOSUKE)」です。

凛として時雨ではないですよ(笑)J-popではないので。

 

以上になります!!

ここでもう一度打線を紹介しましょう。

打線

1番(一) 「Love&Joy」

2番(二) 「SweetRain」

3番(指) 「Evans」

4番(中) 「FLOWER」

5番(左) 「ALBIDA」

6番(右) 「JOMANDA」

7番(捕) 「I'm so Happy」

8番(三) 「Broken」

9番(遊) 「天国と地獄」

(先発)「トルコ行進曲」

(中継)「君をのせて」

(抑え)「凛として咲く花の如く」

 

となりました!!!

 

繰り返しになりますが、

jubeat(ユビート)はコナミのBEMANIシリーズの音ゲーなので、今回紹介した曲のほとんどは、

jubeat(ユビート)以外の音ゲーにも収録されています。

ただ僕が個人的になんとなくjubeatの曲としての印象が強い曲だけを今回は紹介しました!

これは予告となるのですが、次回、jubeat以外のBEMANIシリーズの神曲紹介を行うので、

もしかするとそこで皆さんが「え?あの曲は!?」と思っていた曲が出てくるかもしれません(笑)

ということで、次回もお楽しみに!!

 

それでは最後にこれまでの動画を全て一つに纏めてメドレー形式にした動画を上げましたので、作業用BGMとしてどうぞ!!

-神曲紹介
-, , ,

Copyright© 俺僕ゲームBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.