新作ゲーム紹介

新作ゲーム紹介...いつの間にか荒野行動PS4版が発売されていた件に関してwwwwwwww評判は!?

投稿日:

はいどうも、俺僕です!

今回は新作ゲーム紹介ということで、表題の通りなのですが、「PS4版荒野行動」に関しての記事を書いていきたいと思います!

 

 

はい、いつの間にか発売されていたんですよwwwww

以前2019年12月発売のゲーム紹介の記事を書いた時は、荒野行動は年内販売予定が未定となっていたんですけどね(笑)

 

荒野行動は非常に有名なゲームなのでご存知の方がほとんどだと思いますが、一応簡単にゲーム紹介しますね。

Wikipediaのページから引用すると、

荒野行動』(こうやこうどう、英: KNIVES OUT)は、中国企業のNetEase Gamesが開発、運営するTPSバトルロイヤルゲームで、約100人のプレイヤーが無人島に降り立ち、最後の1人になるまで戦闘を繰り広げる。基本プレイは無料で、アイテム課金が存在する。

2017年11月にiOS版がリリースされると、韓国のBlueholeが開発(のち子会社のPUBG Corporationへ移管)した『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下「PUBG」)テイストなゲーム性で注目を集め、iOS版とAndroid版の正式配信を迎えた同年12月14日時点で全世界の登録者数が1億人を突破した。その後、2018年3月20日にWindows版が、2019年10月31日にNintendo Switch版が配信され、2019年第4四半期にはPlayStation 4版が配信予定。

となっています。

かいつまむと、中国のゲーム会社NetEase Games」が作ったTPSバトルロイヤルゲームです。

同ジャンルでは、同じく有名なPUBGApexフォートナイトCodH1Z1等が他にもありますね。

もうバトロワ系はお腹いっぱいや…

 

因みにネットではパクリゲーだとも散々言われておりましたが、それに関しては、

知的財産紛争

2018年4月2日、韓国のゲーム会社PUBG Corporationが、アメリカのカリフォルニア連邦裁判所にNetEaseが提供する本作と『Rules of Survival』の2作品が著作権侵害に抵触するとして訴訟を提起した。

PUBG Corporationの主張では、本作のゲーム性や作中に登場する建物・風景・車両・武器・衣類は、同社が開発する『PUBG』と酷似しており、同社は「『PUBG』は回復不能な被害を被っている」として、両作品の配信および開発の差し止めを要求した。

一方、NetEase側は「競合社のあらゆる提訴に強く反論し、今後その正当性を裁判等で積極的に明らかにしていく」「これからも荒野行動のサービスを継続していく」と主張した。また、この訴訟以降、サービスが終了するなどのデマ情報がネット上で拡散しており、これに対しても「荒野行動のイメージを侵害するだけではなく、荒野行動を今まで支持してくださっているプレイヤーを傷つける行為」「すべての虚偽提訴およびデマに対して、あらゆる適切な法的措置を講じる権利を有している」と声明を発表し、荒野行動の印象を損なわせるもの全てに対し、全面的に争う様子も見せた。

2019年3月、両社が和解したことが明らかとなった。

出典サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E9%87%8E%E8%A1%8C%E5%8B%95

実際にPUBGを作った韓国のゲーム会社「PUBG Corporation」と訴訟問題にまで発展していたようです。

ただ最終的には和解したみたいですね(笑)

 

正直個人的にはバトルロイヤルのゲームシステムなんて、どのゲームもほとんど同じで代わり映えがせず、どのゲームもお互いに模倣し合っているのではないかと思います。

これをパクりだと見られることを懸念するのなら、もうバトルロイヤル以外のジャンルにするしかないんじゃないですかね(笑)

それにしても元祖バトルロイヤルゲームが何なのか気になりますね。

 

2017年11月iOS版としてリリースされました。そして同年12月にはAndroid版にも配信され、全世界のユーザー数が1億人を突破したそうです。といっても中国産のゲームなので、その内訳はほとんどが中国国内のユーザーとなるでしょう。

そりゃあ中国の全人口は13億近くいるわけだから、あっと言う間に1億人位は軽く超えるでしょうね(笑)

その後、2018年3月windows版2019年10月Nintendo Switch版、そして今回2019年12月PS4版が配信されました。

wikipediaには「配信予定」のままの文章になっているので、まだ更新されていませんね(笑)

初めはコンシューマーではなくスマホ向けのゲームとして始まったんですね。

 

スマホゲームコンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)では、ユーザー層全然違いますよね

スマホゲームは、普段はあまりゲームはやらないようなライトユーザーが多く、コンシューマーゲームはガッツリゲームをやるヘビーユーザーが多い思います。

と言うことでユーザー層が異なるプラットフォームで、家庭用ゲームとしてPC版とスイッチ版、PS4版が後発で配信されましたが、評判はどうなのでしょうか?

PC版とswitch版は割愛して、PS4版については有名FPS系実況者の「ななか」さんと「オパシ」さんがPS4版荒野行動の動画を上げられていたので、そちらを参考として貼らせていただきます。

タイトルでネタバレしてる感じがありますが、操作性に問題ありっぽいですね(笑)

 

因みに僕もちょっとだけやってみましたが、カメラワークが非常に難しかったです。

なのでFPSゲームで重要なエイムも難しかったです。

バグもラグも多かったです。

僕はスマホ版の荒野行動はプレイしたことが無いのでスマホ版と比較はできませんが、

ぶっちゃけPS4でバトルロイヤルをやるならまだ他のApexやCodの方が好みでした。

 

ということで今回は荒野行動に関しての記事を書きました!

価格は無料なので、興味がある方は是非一度自分でプレイしてみてください!

それではまた別の記事でお会いしましょう!バイバイ!

-新作ゲーム紹介
-, , , ,

Copyright© 俺僕ゲームBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.